小顔になる方法を徹底解説|顔を隠さず街を歩ける

ウーマン

効率良く小顔をゲット

顔を触る人

小顔になる方法には色々なやり方があります。費用もそれぞれ違うので、自分にはどの方法があっているのかを見極めて、失敗がないために目指している顔の形を医師にはっきり伝えましょう。

様々な方法で小顔になる

女の人

顔に脂肪がついてしまって中々痩せられない人は、代謝が悪くなっている可能性があります。小顔になる方法は、酵素を摂取して痩せやすい体にして行く事です。そうすれば輪郭もスッキリとして小顔になれます。

小顔になる方法と言えば

ドクター

小顔.com

小顔になる方法をご紹介しています。大顔に悩んでいる方は必見ですよ。早速美人になりましょう。

小顔になる方法としてのマッサージ

小顔になれるマッサージの方法としてはまずあご下の中央から耳の後ろに向かって行うのがポイントです。人差し指と中指出顎を挟み、あご下中央から耳の後ろのリンパ節までフェイスラインの骨に沿って老廃物を流していきます。最後に耳の後ろを押すことで適度に刺激を与えることが出来ます。これを5回から10回行います。次に頬肉を持ち上げるマッサージです。手のひらを開いて口角のやや下をスタート地点にして、頬肉を持ち上げていきます。親指の腹を使うのがポイントであり、小鼻の脇まで頬肉を持ちあげます。爪が長い方はこのときに頬に爪が刺さってしまわないように注意が必要です。これを5回から6回繰り返していきます。そのあとは同じように手を使って小鼻の脇から頬骨の下を通ってこめかみまで流します。これも5回から6回繰り返します。次は眉頭から眉尻にかけてのマッサージです。小顔になる方法は頬だけでなく、顔全体をマッサージすることが大きなポイントなります。人差し指と中指出眉毛の上下を挟み、眉頭から眉尻に向かって流していきます。これは小顔になる方法としてだけでなく、疲れ目やむくみ目にも効果があります。こちらも回数は5、6回ほどです。これらとは別の小顔になる方法もあります。それは耳たぶ回しと呼ばれる方法です。耳たぶを持って力を入れすぎないように後ろに4回回していきます。その後、頬を耳に向かってなでおろします。この時優しい力で行うのがポイントです。手の全体を使って目頭から耳元へ向かって頬を4回撫でます。この辺りは繊細な皮膚になっているので力の入れ方には注意が必要です。感覚的には触れるというくらいがマッサージとしては良いそうです。そこまで出来たらもう一度耳たぶを優しく4回回します。その後、アイーンのように下顎を前に突き出します。この動きも4回行うのがポイントです。次に顎を左右4回ずつずらします。この動きは顔の癖になってしまわないようにやりすぎに注意しておきましょう。概ね4回ほどがいいそうです。あとは顎を突き出して大きく口を開ける動き、肩を後ろへ引く動き、肩を回す動きをそれぞれ数回ずつ行えば完了です。このように、効果的なマッサージ法によって小顔になることも可能ですが、他にも効果的な方法の一つとして整形施術が挙げられます。整形施術にもフェイスリフトやボトックス注射といったように様々な治療法があるので、自分に合った施術法を選ぶことが可能です。